糖尿病になったらどうやって治療するの?【薬・運動・食事療法】

糖尿病になったらどうやって治療するの?【薬・運動・食事療法】

服用

糖尿病になる原因

生活習慣の乱れが原因で発症してしまう糖尿病は、1型と2型という種類があります。1型はインスリンほとんど無い人や、絶対量と呼ばれている量が少ない症状のことを言います。しかし2型の糖尿病は、インスリンやインスリン受容体が活発ではない状態の症状のことをいいます。2型に指定されている糖尿病は、生活習慣や食生活の乱れが発症理由に関係していると言われているため生活習慣や食生活が乱れてきていると感じている人は、注意しましょう。

ハート

糖尿病による合併症

糖尿病になってしまうと、合併症を引き起こしてしまうこともあります。糖尿病による合併症として有名なのが、神経や目・腎臓などに影響を与える症状です。糖尿病になっている患者の多くが、自覚症状の無いまま日々を過ごしているため知らないうちに合併症を引き起こしている場合もあります。これら3つの合併症は、糖尿病治療による血糖値のコントロールで予防することも可能なため薬や運動・食事療法などに挑戦してみましょう。

男女

食事&運動療法

糖尿病になる可能性が高いと言われている人の多くが、肥満体型と言われています。肥満体型の人は糖尿病の原因と言われている、食生活の乱れ・運動不足になっている傾向があるためです。食事療法や運動療法は、摂取カロリーを自分でコントロールし日頃から適度に運動をするといった方法のため、すぐに挑戦することができるでしょう。カロリーコントロールの方法・最適な運動方法は担当医に教えてもらい挑戦してみてください。

看護師と患者

薬物療法

症状によっては、薬の服用が必要と診断される人もいます。糖尿病治療のために薬が必要と診断された人は、医師と薬剤師の説明をしっかり聞き正しい方法で飲むようにしてください。糖尿病治療に使われる主な薬物は
・α-グルコシダーゼ阻害薬
・スルホニル尿素薬
・インスリン抵抗性改善薬
の3つと言われています。薬物の種類によて、飲む量や回数が異なるため事前に確認しておきましょう。

薬物療法と運動&食事療法「それぞれの治療方法を比較」

薬物治療

糖尿病の症状に合わせて選ぶ薬物治療法は、医師による診断・説明が必要です。血糖値の上昇を抑えたり、インスリンの働きを改善することで治療を進めていきます。

運動&食事療法

糖尿病予備群と診断された人に最適な治療方法と言われているのが、運動&食事療法です。どちらも、医師によるアドバイスを参考に挑戦することができるため、直ぐに治療を始めることができるでしょう。

広告募集中