乳がんってどんな病気?診断されたときの対処方法

NK細胞を使った治療方法

ガンの治療方法と言えば、外科的手術や抗がん剤投与による治療がメジャーですが実はNK細胞療法という治療方法も注目されています。NK細胞療法の治療とはどんな物なのか気になる人は、治療を行なっているクリニックで相談してみましょう。

NK細胞療法による治療の特徴を紹介!

  • 進行度に関係なく治療ができる
  • 転移病巣にも効果がある
  • 副作用による身体的負担が少ない
  • 抗がん剤の副作用を抑える
  • 耐性がつきにくい
  • 体力改善をしながら治療が受けられる
  • 再発防止にも効果有り

乳がんってどんな病気?診断されたときの対処方法

診断

乳がんとは

女性の羅患率は約16人に1人の割合で、男性の羅患率は1パーセントと言われている乳がんは女性特有の病気と言われています。乳房にある乳腺部分に悪性腫瘍ができてしまい乳がんと診断されます。早期発見をすれば生存率は高いと言われていますが、進行性乳がんの場合は生存率が大幅に下がってしまうため定期的に検査を受けることが推奨されている病気の一つです。

女医

専門医による治療

乳がんには、様々な種類があります。例えば、徐々に広範囲に広がっていく「乳頭線管がん」や進行が早いと言われている「硬がん」、乳房が腫れてしまう「炎症性乳がん」などです。がんの種類によって、治療方法が異なるため乳がんと診断された人は、どのタイプの乳がんなのか医師に確認し専門医による治療を受けてみましょう。乳がん治療にも効果があると言われているNK細胞療法を受けるのも、一つの方法です。

進行具合やタイプを知っておこう!

乳がんと診断された人は、どのぐらい進行しているのか・どのタイプなのかを医師に確認し進行具合やタイプに合わせて治療方法を専門医と一緒に考えましょう。

広告募集中