下肢静脈瘤の名医に相談!名医の居る病院を探す

下肢静脈瘤の名医に相談!名医の居る病院を探す

足

発症しやすい人

下肢静脈瘤は、年齢を重ねた女性が発症しやすいと言われています。特に長時間立ちっぱなしの仕事をしている人、長時間同じ姿勢で仕事をしている人が発症しやすく、肥満傾向にある人も下肢静脈瘤になりやすいでしょう。また、親族で静脈瘤になった事がある人も発症する確率が高くなると言われています。

女の人

下肢静脈瘤の症状

初期症状は
・血管が太く浮き出ている
・コブ状に血管が出ている
・足の浮腫
・足のだるさ
・足のかゆみ
といった症状が出ると言われています。見ため的な特徴もあるため「もしかしたら・・・」と不安に思う人は早めに下肢静脈瘤治療の名医に相談してみてください。

レディ

下肢静脈瘤の種類

下肢静脈瘤の種類は、伏在型静脈瘤・側枝型静脈瘤・網目状静脈瘤・クモの巣状静脈瘤といった種類に分けられます。種類によって、現れる症状が異なるため自分で足に違和感を感じる人は病院に行って相談してみてください。医師による診察のもと、治療が必要なのかどうか判断してもらうことができます。

下肢静脈瘤の治療方法

女の人

ストリッピング手術

この手術方法は、弁が壊れてしまった大伏在静脈内にワイヤーを通して血管を引き抜く方法です。そのため、ふくらはぎを数か所切開する必要があると言われています。

高位結紮

血管を縛ってから切り離すといった方法を使う高位結紮術は、ストリッピング手術よりも傷を小さくすることができます。しかし、再発するリスクもあるため硬化療法と合わせて行なうことの多い治療方法です。

硬化療法

血管内に硬化剤を注入し、血管内を閉塞させる治療方法でメスを使いません。塞がった血管は徐々に細くなっていき、最終的には体組織に吸収されていきます。

圧迫療法

医療用ストッキングを使って治療する方法のため、外科的治療が必要ないと言われています。静脈に溜まっている血液を押し上げることで血の流れをサポートします。

広告募集中